スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 もったいない
2008年06月27日 (金) | 編集 |
 
今日は「昼マック」してみました。


今日から、夏限定の「てりやきチキンフィレオ」「サルサチキンフィレオ」が新登場したんです。

お子ちゃまな舌の持ち主なんで、チリペッパーみたいなホット系は苦手です。
なので「てりやきチキンフィレオ」のセットを注文し、母には「フィレオフィッシュ」をドライブスルーで買ってきました。


帰って袋を開けてみると…。
「てりやきチキンフィレオ」と間違えて「サルサチキンフィレオ」が入ってました。

レシートはちゃんと「てりやきチキンフィレオ」になっているので、私の言い損ないではありません。

さて、どうしたものか。

うちからマックまで車で2分。
交換してもらいに行くべきか、面倒だから我慢してサルサを食べるべきか…。
いくら何でも飛び上がるほどホットではないだろうし…。

いや、待て。
こないだのチーズバーガーはオニオンが抜けてた。
(↑オニオンだけよけるくせに入ってないと損した気分になる・笑)
いくら何でも立て続けに2回のミスはアレじゃない?
やっぱり交換に行こう。
てなわけで、袋ごと持ってお店に行きました。


お店でレシートを見せて商品を交換してもらい、お詫び?にアップルパイを一個もらいました。

「こちらも温かいものと交換しておきました」
そう言って店員さんはフィレオフィッシュとポテトも交換しました。

何だかクレーマーみたいでやだな…。

帰りの車の中で考えました。
「ぬるくなったやつって廃棄処分なんだよな…」


もったいない…。


私、かなりの偏食家なんですが、食べ物を残したり棄てたりすることがとても嫌いなんです。
そりゃぁ嫌いなものはよけて食べるし、「もうこれ以上は無理!どこにも入らない!」って時は残すこともあるけれど…。

「食べきれないほど注文して残す人って何なの?」
とか思っちゃう人なんです。


「アップルパイ、ラッキー♪」
なんて思うどころか
「間違えられた商品だけを持って行ってたら、一個交換するだけで済んだんだよね…」
と思いながら家に帰りました。


間違えた店側のミスなのに…。
この罪悪感は何なのよぉぉ。


スポンサーサイト
 さて、問題です
2008年06月23日 (月) | 編集 |
 
算数は得意ですか?(笑)

某掲示板のとあるスレッドで見つけたこの問題。
ちょっと頭の体操でもしませんか?


1+2+3+4+5+6+7+8+9×0=??

さて、答えは何でしょう?



答えは↓この先を反転で。
携帯からはネタバレ注意です。














0に何をかけても0だから「答えは0」と答えたあなた。
ざーーーーんねーーーーーん(笑)

一瞬、騙されるんですよねぇ。


もう一回、考えてみて下さい。















「36でしょ?」と答えたあなた。
はい、正解です♪



「何で?」と思ったあなた。

これが数式です。

1+2+3+4+5+6+7+8+(9×0)=36


私?
算数や数学は苦手なのですが、この問題には引っかかりませんでした(笑)
「Oとか答える人、いっぱいいるだろな」と思いながら、スレッドが伸びるのを見てました



ついでにここ→Click!




そんなわけで。
皆さんが答えを考えている間、またお休みしてます(笑)

元気ですからねd(゚ー゚*)


 アナタって人は…
2008年06月23日 (月) | 編集 |

先週の始め。
一通のメールが届きました。

「今度の土日、九州へ行くから泊めてね」

千葉の従妹からのメールでした。


義叔父、従妹、そしてその弟でもある従弟と3人。
義叔父のお母様のお見舞いに来て、うちで一泊して千葉へとんぼ帰りです。
うちへ泊まるのは従妹だけなのですが、遠いところからはるばるやって来る従妹に、わが家だけでなく親戚一同で歓迎モード全開です。


従妹にはつんく様の件で色々とお世話になってます(12日の記事参照)。
お礼と歓迎を兼ねて夕飯に何か美味しいものを食べに連れて行こうか…。
いや、従妹の好きな「かしわめし」作ろうか…。
手土産は何を持たそうか…。

なんてことを考えてるうちに土曜日が来ました。


早朝、私の携帯が鳴りました。
「姉?今、父ちゃんと羽田空港にいるんだけど…怒らないで聞いてね?」
「ん?どした?」
「あのね…来週だった…」
「何が?」
「そっちに行くの…」
「はぁぁぁぁぁ?どゆことぉ?」
「空港の待ち合わせ場所にいつまで経っても弟が来ないから電話したのね。
そしたら電話がつながらなくってさ…。
おかしいなと思ってメール見たら…来週だった…。
てっきり今日だと私が勝手に思い込んでいたみたい…あははは」

「…またかよ(--;」


うちの従妹。
私と年齢がたった4つしか変わりません…。
何でいつもこうなんだろう…号(┳◇┳)泣

もうもう、天然なんてレベルじゃないくらい大胆なドジをやってくれます。
それも毎日のようにです。


一時間もしないうちに、この話は親戚じゅうに知れ渡ることになりました。
詳細はここ→Click♪


「みんなに『馬鹿、バカ』と言われてます(つд⊂)
父ちゃんには『金返せ!』と言われてます。
バカは空港で朝ごはん食べて帰ります。
みんなに会わせる顔がないから、このままここから逃避行しようかしら」
「来週、行くの恥ずかしい…。
父ちゃんには『来週の予行練習だよ』と言ったらドツカレました」


そりゃそだろ…( ̄▽ ̄;
しかも予行練習じゃなく「予行演習」ね…。

嗚呼…。
あなたという人は…何でこういつもいつも…。
犬・猫に関するプロ並みの知識と経験で頭の中が埋め尽くされてしまってるんだろうか…。
こっちへ来てからならともかく、一週間も前からやってくれるなんて凄まじすぎます(笑)


一週間後。

「今度は時間を間違えて乗り遅れたなんてことにならないよう、ちゃんとチェックしときなさいよっ!」
とメールしたのは言うまでもありません…。


そんなこんなで今度は無事に九州に着いた従妹。
親戚の家でも「いらっしゃい」を言われる前に爆笑されてました(笑)


土曜の夕方から日曜のお昼過ぎまでの短い時間の滞在になりましたが、滞在中は「やらかす」こともなく、あっと言う間に時間は過ぎていきました。
やっぱり私がしっかりしているからだな…(* ̄ー ̄)ニヤリ(嘘


従妹から手土産にいただいた「ねんりん家のバームクーヘン」。
母がこしらえた「おはぎ」。
手土産に持たせようと、朝から買いに行った「ロールケーキ」
友人に送るついでに買っておいた「チロリアン」
食後のデザートに買っておいた「マンゴープリン」←食べずじまい。

昨日からわが家はスィーツだらけなんですが…( ̄▽ ̄;


夕方、帰途についた従妹からメールが届きました。
「空港にてまたまたドジをしました。
恥ずかしくて冷や汗だらだらです。
詳しくは帰ってから」

「今度は一体何をやらかしたのさ…」
「簡単に言うと、空港警備員さんに多大な迷惑をかけました」


うぉーーーーーい!


あなたって人は…。
何でいつもこうなのさ…。

(┬┬_┬┬)ドバーッ


何をやらかしたか…ですか?
もう私の口からは言えません。


続きはWebで(…ぇ?)→Click♪


 何なの…?
2008年06月23日 (月) | 編集 |
 
久々にPC開いて、記事更新の前にコメントにお返事をしたわけですが…。


何 な の ?


コメント投稿後の余計な機能は…。


またFC2さん、やってくれちゃったのね。
いらぬものばかり増やして。

せめて、投稿後の画面を「表示・非表示」くらい選択させてほしいです。


鬱陶しいぃぃぃーーーー!!!!!



 サボってますが…
2008年06月16日 (月) | 編集 |

全然まったくめちゃめちゃ元気ですっ。

落ちてません(笑)

ヌコ様も元どおり元気になりました♪


ゆっくり時間取れたら更新&レスしますんで…。

携帯からすいませぇーん。



┃彡 サッ



 大丈夫なのか?!
2008年06月13日 (金) | 編集 |

寝れないので、くだらない戯れ言などをひとつ。


ヌコ様が調子悪い間の出来事ですが…。

とあるサイトで独り言を言ってました。
「熟睡できないのは歳のせいなのか、眠剤に耐性がついてるのか」

そしたら医療関係に勤めてるという人がレスしてきました。
「眠剤に耐性はありません」


はぁぁ??


おまぃ、馬鹿ですか?

こんなヤツがいるから日本の医療はダメダメなんですよ。
医者じゃなく看護士かも知れないし、薬剤師かも知れないし、病院で事務やってるのかも知れませんが。

いずれにせよ、医療関係に勤めていてそんなこと言ってるような人には、睡眠障害に苦しんでいる人の気持ちなんてわからないでしょうね。

言ってやりました。
「○ちゃんねるあたりのメンタルヘルス板でその言葉を言ってあげなよ。
どれだけ睡眠障害に苦しんでる人がいると思うの?」


レスはありませんでした。


厚生省やら製薬会社やらのレポートだけを鵜呑みにし、実情に目を向けてないような医療関係者。
痛すぎます。
呆れました。

そんな軽い言葉が心を病んでいる人たちを苦しめ、追い詰めることもあるのに…。

こんな能天気な人は心を病むことなどないのかも知れません。
なった者でないとわからない苦しみや痛みを理解することなんて、到底無理でしょう。

だからこそ、患者自身が自分の状態や飲んでいるお薬の作用・副作用を知る必要があるんですよね…。


私ですか?
11時前から3時頃まで、眠剤なしでがっつり寝てました(笑)


おっと。
ヌコ様に「飯よこせ」と催促されてるんでこれにて…。

ちょっとした戯れ言です(笑)


再度おやすみなさい。


20080613052202



 ヌコ様とダメ飼い主
2008年06月12日 (木) | 編集 |



首を絞めているわけではありません(笑)
「ゴロゴロ…気持ちいい~♪」の一枚です。


実を言いますと…。
本来なら今日はうちのヌコ様が手術する予定の日でした。

お休みをいただいていたのはダメ飼い主の私がパニくっていたからです。


ヌコ様、先週の月曜からご飯をほとんど食べなくなりました。
元々ご飯が気に入らない時は「プイッ」の偏食ヌコなので、その日はあまり気にしなかったんです。

火曜も同じ状態でした。
少しだけ食べたご飯すらゲロゲロやってました。

ヌコという生き物は毛玉を吐いたり、がっついてご飯を食べた時にも吐いたりする生き物です。
けれど何かおかしい…。

そう言えば、最近ご飯あまり食べなくなってた…。
口臭が気になってた…。


年齢が年齢なので歯石は気になってました。
病院へ行くまでの車中で虐待でもされてるかのように泣き喚き、診察にもビビってしまうヌコ様のストレスを考えると、病院へ行くのをためらっていました。

ご飯も食べられないほどひどくなってるのなら、そんな悠長なことを言ってられません。
水曜の朝イチで病院へ連れていきました。

病院で生まれて初めてネットに入れられ(今までは入れられなかった)、この機会に…と、先生にお願いして血液検査をしてもらいました。
結果が出るまでの間に診察。

「歯槽膿漏ですね。
麻酔して抜歯しないと…」


小さい頃から爪切りや耳掃除はさせますが、歯の手入れを嫌がるので、いつかはそうなることも覚悟はしていたんですが…。
高齢だけに麻酔のリスクを考えて、なかなか踏み切れずにいました。

丸二日ほとんど食べていない&吐いているので、まずは体力をつけることが先決になり、栄養剤や抗生剤の点滴を受けて帰りました。

家に帰った途端に「腹減った。何かよこせ」と言うので、ご飯を与えたんですがやっぱり吐きます。

病院へ行って一時的に調子はよくなったものの、「食欲はあるのに食べられない」状態でした。
ご飯のところへ行って催促をするので与えると、食べたそうにしながらも食べない。
頑張って食べると、しばらくしたら吐く。
そんな状態でした。

血液検査の結果は異常なかったのですが、それだけでは出てこない病気もいろいろあります。
「どうも変だ…」
「本当に歯なのか…?!」


看護士の資格を持つ従妹に相談しながらアドバイスをもらってましたが、従妹も言います。
「それ歯が原因じゃないんじゃないの?」


ええ、ダメ飼い主はその間まともに睡眠とってません。
ヌコ様同様に食事ができなくなりました。
しっかりしないと…と思いながらも、動揺して何も手につかない状態でした。
やめていた安定剤を飲み、加えて頓服のお薬を飲んでもダメ。

本当にダメダメ飼い主なんです。
ヌコ様に何かあったら廃人になる自信があるし、ヌコ様が逝ったら後追いするかも知れません。

「私がいけないんだ…」
「もっと早くに病院へ行けばよかったのに、麻酔のリスクだの病院へ連れて行くことのストレスだのを考えて何もしてやらなかったから…」

そうやって自分のダメ飼い主っぷりを責めましたが、鬱の悪化はありませんでした。
ヌコ様を看取るまではしっかりしなきゃいけないから。


そして金曜日。

「下痢よりも嘔吐のほうが体力の消耗が激しいから、とりあえず栄養剤の点滴をしてもらったほうがいい」
「胃腸が正常に機能しているか、聴診器で音をきいてもらったほうがいい」
「できればレントゲンも撮ってもらって」
「a/d缶(病院用処方食)を買ってきて食べさせてあげて」


従妹のアドバイスどおり病院へ連れて行きました。
前回の診察ですっかり怯えたヌコ様はキャリーバッグの中から出ようとしません。

力ずくで無理やり出すよりも、不安にならないようになだめて出そうとしていたのですが…。

キャリーバッグを縦にして振り、診察台の上に落とそうとした獣医。

ヌコ様の状態を話したら、首をかしげて悩んだ獣医。

こっちが「胃腸かも知れないので…」と聴診器をお願いし、点滴もお願いしているのにやらない獣医。

挙句にわけのわからない注射一本で済まそうとした獣医。



このクソ獣医が!!!!!

その注射があまりに痛かったらしく、ヌコ様は今まで聞いたこともないような声で「シャーッ!」と威嚇し、ネットの中で暴れました。
(うちのヌコ様、フーッ!は言っても、シャーッ!を言ったことがありません。)

ダメ飼い主はさらにパニックになるし、ヌコ様があまりにも可哀想でたまりませんでした。
同時に獣医に対する信頼は一瞬で消し飛び、怒りの感情だけになりました。

いや、元からあまり信頼はしていなかったんですけどね。
どうも「犬はいいけど猫は苦手」な獣医か、動物に対する愛情がない獣医なんじゃないかと感じていたので。
飼い主の話をロクに聞いてないし。

犬得意・猫苦手。
猫得意・犬苦手。
人間の医者になれないから獣医。
医療ミスしても人間と違って大騒ぎにならないから。

そういう獣医って結構いたりします。
どうやらクソ獣医もこの類いのようです。
確定。

これまでにもヌコ様を何度か連れて行きましたが、いつも「飼い主の大騒ぎ」で笑い話に終わるようなことばかりでした。
病気らしい病気をしたことがないので、まともな治療も受けたことがないんです。

車が苦手だからなるべく近くの獣医を。
犬がいた頃から付き合いがあるので何かあった時は診てもらえる。

信頼関係ではなく、たったそれだけの理由でした。


けれど今回のことで、このクソ獣医に任せてはおけないと思い、思いきって別の獣医さんに電話をしました。
先生は診察中とのことで、看護士さんにヌコ様の状態、かかりつけの獣医の診療が納得できないことなどを話しました。

ヌコ様、朝イチで病院へ行って怖い思いをしてますから、帰ってすぐ病院ではどれだけストレスがたまるか。
人間と同じようにストレスが余計に胃腸に負担をかけるんじゃないかという迷いもありましたが、体力の消耗が怖いです。
命にかかわることではないにしても、夜中に何かあったときに「やっぱり病院へいっておけばよかった」と思っても遅いです。

少し様子見をして、夕方になって落ち着いた頃に病院へ連れて行きました。
キャリーを見ただけで逃げ出すヌコ様をなだめすかし、泣きたい気分で連れて行きました。



クソ獣医のところと比べて、清潔感のある綺麗な病院でした。
女医さんなので男の人が怖いヌコ様にはうってつけ。
先生も看護士さんも愛想がよく、優しい感じです。
電話で看護士さんに話したことも正確に先生に伝えられていました。

体重を計って、その体重に合わせて点滴の量が決められました。
それも常温ではなく、体液の温度に温められたものです。

診察や点滴の間もずっと声をかけてもらってました。
「うんうん、いい子だね」
「もうちょっとだ、頑張れぇ」
「そうだね、嫌だよね。よしよし」

クソ獣医のところではヌコ様に声をかけられたことなんてないです。


「先生、ネットに入れないんですか?」
「入れたほうがいいなら入れますけど…?」
「いえ、朝も怖がってたのでできれば入れないで下さい」
「暴れないから大丈夫でしょう(ニコ♪)」


何たる違い!!!


確かに猫を病院へ連れて行く時の心得に「ネットに入れて」というのはありますが、暴れてどうしようもない子やネットに入れないとできない治療をするならともかく、そんなことされたことない猫は不安がりますよ?
うちのヌコ様のように。


歯のほうも診てもらいました。
ヌコ様にちょっとだけ我慢してもらって、軽く歯石を落とし、消毒をしてもらいました。
先生いわく。
「歯石はありますけど、まだ歯もぐらぐらしてないし、高齢だけに麻酔によるリスクを考えてうちではなるべく抜歯はしないようにしています」
「まぁ、獣医さんによって見解は違いますけど(クソ獣医に気を使っているのもありーの、獣医師会での付き合いもありーのってとこ?)どうしても抜歯というなら、そちらの獣医さんで…」

「いえっ!抜かなくて済むならそっちのほうがいいです」


抜歯するほどひどくないってことですか…?


点滴して歯を診てもらったくらいなので、正直なところ「腕」のほうは定かじゃないです。
「通い」の獣医さんなので診察時間外の時はどうするか…といった不安もあります。

でも。
クソ獣医みたいにキャリーの中から落とそうとするなんてこともなく、優しく声をかけてヌコ様が出てくるまで待ってくれるという対応ひとつでも飼い主の不安は吹っ飛びます。
てゆうか、ヌコ様自らすんなり出てきたし…( ̄▽ ̄;

普通に通うんなら充分でないの?
大きな病気したらその時に考えればいいことだし。

そう思い、獣医を変えることにしました。


その後のヌコ様ですが。
従妹のアドバイスをもらいながら、弱った胃を休めるために食事療法をしました。
ダメ飼い主は安心して眠れるようになり、食事もできるようになりました。
しかし治りかけた胃は悪化した模様…(--;


今朝は今までのドライフードを少し与えてみましたが普通に食べてます。
歯が痛ければ食べれないはずなのに食べてるってことは、やっぱり胃が原因だったってことなんでしょうね。

抜かなくてよかった…。

ダメ飼い主の胃なんざ、どうでもいいんです。
お薬だって内視鏡だって何度でも飲んでやります。
ヌコ様さえ元気でいてくれるなら何だってします。

何かあるたびにパニくってるダメ飼い主ですが、どんなことがあってもヌコ様だけは守り通してみせますとも。

ヌコ様は体重が1kg落ちてました。
ダメ飼い主も2kg落ちました。
ダメ飼い主の体重なんてマック1回で戻ると思いますが、ヌコの体重が1kg落ちるってことは人間に換算すると…。
考えただけでショックです。


それにしてもあのクソ獣医…。
うちのヌコ様に散々なことやってくれたよな…。
ヌッ殺してやろうか。





「どうでもいいから、ブログやってる暇あるなら飯よこせ」の一枚(笑)


※ヌコ→○ちゃんねる用語でネコのことです。
※「つんく様」から「ヌコ様」に変わったのは、検索ワードにあの「つんく♂」で飛んでくる方がいるので申し訳なくて(笑)


 何が起きてるんだろう?
2008年06月12日 (木) | 編集 |

わが家のミニ薔薇嬢たちに一体何が起きてるんでしょう?
またやられてます(--;



偶然なのか、発見するのは雨が降った翌日。
もしかして風で折れてる…なんてこともあるのかなぁ。

青虫はあれから見かけていないにもかかわらず、やっぱり落ちてます。
私が見つけられないだけで、どこかに隠れているんでしょうか。
お薬の効果がまだ出ていないのでしょうか。

葉っぱもだいぶ減ってました。

風で飛んだのか、害虫の仕業なのか、病気なのか。
皆目、検討もつきません。

たった1つ残ったグリーンアイス嬢の蕾も消えていました。





ピンク嬢、何故か白い花が咲いています。







ここ数日の間にレッド嬢も元気だった葉っぱが減りましたが、花だけはしっかり咲いています。




↑ホワイト嬢。
やっと開き始めました。




↑イエロー嬢の葉っぱもかなりなくなってます。




↑薄紫嬢。
何だか蕾の時点でヤバそうです。


害虫路線が一番怪しい気がしますが、発見できません…。
どうも釈然としないわが家のミニ薔薇嬢たちです。


※薔薇園のも「必ず」アップしますから(^^;
もうしばらくお待ちを。


 ちょいとお休み
2008年06月05日 (木) | 編集 |

一週間ほど、お休みをもらいますね。

心も身体も特に変わりありませんのでご心配なく…です。
あ、旅行もしませんから(笑)

こないだの薔薇の写真の整理もしなくちゃいけないんですが、ちょびっとだけ先延ばしになります。
(でも絶対にアップしますからっ!・笑)

留守の間、うちの子たちを眺めて、しばしお待ち下さい。




イモやんにやられたグリーンアイス嬢
1つだけ蕾を発見しました。




イエロー嬢
やっと蕾がふくらみ始めました。




ホワイト嬢
まだまだ硬そうな蕾です。




ちょっと悲惨ないちごみるく嬢
お願い…枯れないでぇぇぇ!!!




ミニミニ薔薇のはずの薄紫嬢
グリーンアイス嬢より大きな蕾がついてます。




丸ハゲにされた小梅嬢
また新しい蕾をつけました。
けなげ~。




ピンク嬢。
いちごみるく嬢がダメになったら二代目を継承してもらおうかしら…。






お一人だけ、やたらめったら元気なレッド嬢
「鏡よ鏡…この中で一番美しいのは…」なんて言ってそうです(笑)
今咲いてる花と蕾の数を数えたら30くらいありました。



そして…オオトリはこの子でしょ♪
最近、出番が少なくてふてくされてます。
いや、半分寝てるだけなんですが(^^;



次回の記事はつんく様の主役で再開です。


※留守中、ポチッ♪とよろしくぅぅぅぅ!!!!


 ざ・ぷろふぇっしょなる
2008年06月05日 (木) | 編集 |
 
このブログのお客様…いえ、常連さんですが。
何だかすごい方が多いです。

何となく気づいたら、とっくにブログ始めて一年過ぎていて。
(苺のほうは別ですが)
リアルでのお友達もできたりして。

そんな中で、ふと思ったんですけど。
「ぷろふぇっしょなる」な人が多いんですよぅ。


承諾をいただいてないのでお見せできませんが、こないだ購入したこの本。
yumyumさんが編集に携わった本なんです。



別に「お付き合い」で購入したわけではありません。
向かって左の大きい本は甥たちの夏休みの課題になるかと思い、購入しました。

右側の本は遺伝に関する本です。
難しいことはわかりませんが、ちょっと興味があったので購入しました。
三毛猫の遺伝学青い薔薇のこと。
そして前から少し興味があったゲノム創薬生物や植物などの進化
私に理解できるかどうかわかりませんが、深く深く掘り下げる専門的な本というよりは、入口を開くような内容の本です。



薔薇はド素人以下の私に、いつもいろんなことを教えてくれる二人の師匠。

けい師匠のHP(→ここ)の薔薇はもう1600種を越えました。
その写真が今度、TVで使われるんだそうです。
6月13日放映・テレビ東京系「たけしの誰でもピカソ」で。
(地域によって放送日程は違うかも?!)
けい師匠も登場すればいいのに・・……( ̄。 ̄ )ボソ...。

たまに自分で撮ってきた写真が整理できなくなって「あれ?この薔薇の名前は○○でいいんだっけ?」なんてカンニング…もとい、確認しに行ったりしていることは内緒です…(* ̄  ̄)b しぃ~っ。



自宅でたくさんの薔薇を育てているゆめ師匠(→ここ)は、またお庭が本に掲載されるんだそうです。
毎回、本屋さんで覗いてニヤリとしながら
「この人は知り合いなんだぞー!」と周りに言いふらしたい衝動を抑えてましたが、今回はバラしちゃいます(笑)
今度の取材の分の発行は、もうしばらく先らしいのですが今から楽しみなんです♪
「人が作出した薔薇だけでなく、オリジナルを作出しましょうよぅ。
鈴木省三氏もビックリ!なローズ・ユメ、ローズ・ケイ、ローズ・トウリ…この3つは絶対に(笑)」

なぁぁぁんて簡単にふざけたことをぶっこいてみました。
いつか…と期待してます、はい(笑)


モデルのお仕事で世界中を飛び回っているフランス人のXaqと、フランス留学の経験もある友人Satchyさん。
クリスマス、母の誕生日、私が落ちているとき…。
何かあるたびに素敵なメールや励ましの言葉が届きます。
そんな有名な人がなぜこんなブログに…?と謎だったりするんですが。

みんなすげー!
すごすぎるーー!!


私も本に載ったりTVに出るような「何か」を極めたいものですが。
一番手っ取り早いのは、悪いことして新聞の三面記事に載ることかも知れなひ…( ̄▽ ̄;


言っておきますが…。
誰からも宣伝費もらってませんからね?(笑)


 検査結果
2008年06月03日 (火) | 編集 |

携帯から3本目。


今日は胃の内視鏡検査をしてきました。

鼻からのタイプは初めてでしたが、今までの口からタイプと違って会話もできるし、カメラを飲むのも楽でした。
ファイバーの管も半分くらいの太さです。

ただ、人によっては鼻の奥が狭くてカメラが通りにくい人がいるらしく、そういう人は口からのタイプに変更されるんだそうで…。

私はギリギリセーフ。
鼻を通している時は、やや痛かったものの、あの口からのしんどさに比べれば随分と楽でした。


結果。
治りかけの小さな潰瘍とポリープがいくつかありました。

ポリープは見た感じ悪性ではないようらしいのですが、念のためにお願いして病理に出してもらうことにしました。


原因はストレス(これはいつものこと・笑)に加えて、やはりお薬のようです。
鎮痛剤か抗生剤の影響と思われます。

喉が痛い時に一日2~3回飲んでいた鎮痛剤。
そして耳鼻咽喉科と皮膚科で処方された抗生剤。
鎮痛剤は普段でも頭痛の時もガンガン飲んでいたりします。

その鎮痛剤って強いんですよね…。
かなり胃に負担がかかります。

市販薬より安いので、心療内科で処方してもらってたロキソマリン(=ロキソニン)。
アセトアミノフェンやイブプロフェンの含まれた鎮痛剤のほうがはるかに胃には負担が少ないのですが、院内処方のため、扱ってないんです。
(内科の看板も掲げているのに扱ってないのもどうかと思いますが…)


お薬が留まっていたところに、そのまんま潰瘍ができていたのには驚きました。
お薬を飲むときはやはり多めのお水かぬるま湯で飲まなきゃいけませんね( ̄▽ ̄;

病理の結果が出るまでの二週間分の胃薬を処方されました。
ピロリ菌がいれば、それも退治してもらうつもりでしたが、飼ってませんでした(笑)


潰瘍やポリープがあるというのに、それ以外はきれいな胃なんですよ。
いつも内視鏡のたびに自分でも信じられないんですが、きれいなピンク色で健康な色なんです。

ついでに言うと眼球も長年コンタクトをしているわりに、傷ひとつない眼球だとかで…。
眼科のお医者様に驚かれたことがあります。

「あ、先生。通りすがりに喉も診て」
とお願いして、喉のほうも診てもらいました。
喉のほうが胃より赤く、炎症起こしてました( ̄▽ ̄;


今日検査した病院の医師は、以前よく母が入院していた病院の担当医で、今は開業して母のかかりつけの病院なんです。
なので、先生とは顔見知りです。

検査が終わって、再び診察した時に言ってみました。
「先生、胃カメラ頑張ったから、そのチュ◯パチャップスちょうだい(笑)」
先生、それを聞いて爆笑してしまいました。

受診した子供用に…と診察室に置いてあるんですよ。
チュ◯パチャップス。
甥たちが冬にインフルエンザの予防接種を受けた時、一本ずつ先生からもらっていたのを見てたんです。

「ああ、いいよ」
って言われたのでもらっときゃよかったかも…(笑)

だって8000円以上も病院代かかったんですもの。
本当に病院貧乏になりそうです…。
いや、なってます。


ロキソマリンより軽いアセトアミノフェンかイブプロフェンの鎮痛剤を処方してもらおうと企んだら、胃薬と鎮痛剤は同時に処方できないと言われました。
お薬で胃をやられたのに(カルテにしっかり書き込まれていた)、鎮痛剤が出るはずないですよねぇ…。

仕方ないので母の処方箋に追加してもらいました(笑)
(* ̄  ̄)b シィーッ…。

市販薬買えよ…って話なんですけどね。
頭痛持ちで鎮痛剤を手放せない私にとっては、市販薬での支出も馬鹿にならないんですってば。

とほほ…。



※返コメはPC開いた時に改めてしますね。


 強い味方登場?
2008年06月02日 (月) | 編集 |

前記事に続き、横着して携帯からもう1記事。


またやられちまったんですよ。
うちのミニ薔薇嬢。

もぉー辛抱ならん!!

と言うわけで。
ゆめ師匠にご相談して、お薬を使うことにしました。

つんく様は完全室内飼いなので問題なしです。
苺たちもミニ薔薇嬢たちと離れているので、これも問題なし。
お庭をトイレ代わりに使っている近所の悪猫のことが少し気にはなりますが…知ったこっちゃない(笑)
うちをトイレにするほうが悪いんですもの。


土に散布するタイプと、害虫に直接スプレーするタイプ。
両方を買ってきました。

20080602121503


オルトランは古いやつをどっかにしまってあったはずなんですが…。
使用期限も考えて、新たに購入してきました。
↑顔のトラブルと重なった(笑)

いい感じに雨がパラつきだしたので、早速散布しときました。

強い味方を得て、今度こそはしっかり花を咲かせてもらいたいものです。

このまま終わったら悲しすぎるぜ(ノ_・。)


レッド嬢だけは「わたくし、関係ありませんわ♪」とばかりに、すくすく育って、背丈も倍くらいになってます。

鉄のオンナなのかしら…(笑)

20080602122503


ゆめ師匠、アドバイスありがとうございましたぁ♪



あ。
先日の薔薇園のは、写真の整理が終わるまでお待ちを…。
それがいつ終わるかは…未定です( ̄▽ ̄;


 悪夢
2008年06月02日 (月) | 編集 |

夢見がよくないんです。

このところ、夜10時過ぎから2時過ぎまで寝る癖がついてしまいました。

生活リズムを戻さなければ…と思いつつも、その時間は中途覚醒しないまま寝られるのです。
夢ばかり見るので熟睡はできていないみたいですが、何度も目が覚めるよりはいいので、睡眠を取ってます。

その後、明け方まで起きていて眠れそうならそのまま、眠れそうにない時は入眠剤や睡眠薬を飲んで寝ています。

せっかく4時間ぶっ続けで寝れるというのに、夢があまりいい夢じゃありません。

元カレがすごく嫌な人だったり…なんてのは軽いほう。
身内や友達などの登場人物は、ほとんど悪役や嫌な役ばかりです。

さっきの夢は一番苦手系の夢でした。
幽霊・心霊関係はもう絶対ダメです。
エクソシストみたいな怖い夢。

起きてからも動悸が止まらず、心臓はバクバクしていました。
しばらくしたら落ち着くと思ってましたが、脈も早いし、吐き気までするほど気分が悪くなりました。
パニックになりそうなほど…。

頓服に持っていたレキソタンを半錠だけ飲みました。
+マイスリーとロンフルマン。

今日はロンラックス以外はフルコースです…(--;

このまま落ち着いてくれるといいけれど…。

これからベッドに入って寝直してみます。


はぁ、しんど…( ┰_┰)


 皮膚科と心療内科
2008年06月01日 (日) | 編集 |
 
病院ばっかですね…( ̄▽ ̄;

金曜日に皮膚科へ行ってきました。
そのまましばし様子見も考えたのですが、とっとと治したほうが楽だし、トラブっているのが顔なので。
日焼け対策もできない・化粧水すら使えない状態じゃ、この時期は厳しすぎます。

薬疹なのか化粧かぶれなのか、はたまた他のものが原因なのか…。
被害(?)が顔と首なので薬疹はないのかなぁ…と思ってましたが、顔にだけ症状が出る薬疹もあるんだそうです。
けれど今までお薬でのトラブルというのを経験したことがなかったので、とりあえず「化粧品が原因」ということで塗り薬や飲み薬を5日分処方してもらいました。
(そんな、いい加減でいいのか?!)

また抗生剤だよぅ(--;
胃に負担がかかるんだってば(--;

一日でおさまってきたところを見ると、やっぱり化粧品が原因のようです。
基礎化粧品が原因なのか、2年前の日焼け止めが原因なのかはわかりません…。

私が使っているのは防腐剤を使わないものなので、使用期限切れの日焼け止めが原因なのかも知れません。
以前は何ともなかった基礎化粧品が、体質の変化で合わなくなったことも考えられます。
一体どっちなのさ( ̄▽ ̄;

「防腐剤を使った化粧品でも、半年を過ぎたものは使っちゃいけない」と叱られました(( (_ _|||) ))
肌の弱い私なんて、もう思いっきりアウトですよね…。

毛穴をふさぐから…と、ベビーパウダーすらつけられなくて、テカテカの顔のまま外出するのは恥ずかしいです。
何だか脂ぎったおやぢみたいです。


その脂ぎった顔で土曜にはカウンセリングと診察を受けてきたわけですよ。


今は心のほうが順調なので、カウンセリングも雑談ちっくに終わりました。
いつも時間ギリギリとか時間オーバーしてしまうのに、今回初めて時間が余ったかも…。

診察のほうも今までどおりの処方でした。
このまま順調にいいけばいいのですが…。

ちょっとしたことで落ちたら、そこからどんどん…なのです。
思考が変わらない限り、いつまでも同じなんですよね。
課題はそこ。
いつまで経っても進歩なしです(笑)

次回は4週間後になりました。

このまま順調にいってくれ~~~!!!
頑張れ、私っ!!!


※鬱に関する記事は、カテゴリー「心・気持ち・身体」にまとめてあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。