スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日のありがとう
2008年07月29日 (火) | 編集 |

もうすぐカウンターが30.000出そうです。

鬱のリハビリ(?)も兼ねて、ブログを始めて1年と2ヶ月。

最近はロム専の方も多いみたいですが(笑)


30.000のキリ番踏んだ方。
非公開でも構わないので、できれば報告をよろしく♪

いつも遊びに来てくれる方。
覗いてくれる方。
なかなか遊びに行けないにもかかわらず、コメント下さる方。

本当にありがとうございます。

感謝♪


スポンサーサイト
 13かいめ
2008年07月29日 (火) | 編集 |

26日はオレの13歳の誕生日だった。

去年のことがあるから、今年のママの出方次第でオレは家出をしてやろうと心に決め、こないだの脱走で予行演習をしてやった。

さて、ママはどう出るか…?


まずは軽いジャブにカツオ。



去年はここで終わった。→Click!
まさか今年もこれで終わりなんてことはないだろうな…。

いつものように袋ごとオモチャにして遊んだあと、ママが中身を出してくれた。

(ちっ…食えねー。)

「ぷっ。小さくしないとダメなのぉ?」
悪魔のように笑いながら、ママはカツオを食べやすいように小さくしてくれた。

7日に左の奥歯が1本抜けて以来、オレは猫缶しか食べていない。
横着だと言う声が聞こえなくもないが、ママが過保護なんだから仕方ないってもんだ。


「頼んでおいたものが届いたよーー」
玄関でママの呼ぶ声が聞こえたが、面倒なのでオレは聞こえないフリをして寝てやった。
ママはブツブツ言いながらも、せっせと何かを組み立てていた。
「出来たっ!ね?ね?これどう?
ちょっと乗って遊んでみる気はなぁい?」

組み立てていたのは二つのキャット・タワーだった。

まだ半分寝ぼけていたオレは、見たこともない物体とママの殺気に少し警戒した。
(これはまた何かの策略かも知れない。
…やめておいたほうがよさそうだ。)


「せっかく作ったんだから乗れよ、ゴルァ!」
無理やり抱えあげられて、オレはキャット・タワーに乗せられた(--;
…やっぱり思ったとおりだった。
そんな気はしていた。

「ほら、ここでワンクッションできると、お外を見るのが楽でしょ?
落っこちたり登りそこなって、どっか痛めたら大変だもんね♪」


例の「二度あることは三度ある?三度目の正直?パニック三連発事件!」以来、ママは過保護になりすぎていて、ストーカー化している。



ちょっとの間、外を眺めて、オレはキャット・タワーを使わずに自力で降りた。
不満そうな顔で見ているママをからかうのは面白い。

「…気に入らないの?」
ママはちょっと寂しそうな顔でオレを見て言った。
誇り高き猫族が気まぐれだということをママはすっかり忘れているようだ。
以前のキャット・タワーだって、ロフト付きタワーだって、オレは最初は無視していたことも。

オレが慣れるまで、先代(ママの部屋にあったもの)と二つ並べて置かれることになった。



ママはもう1つのタワーの置き場に困っている。
そのうち必要になるかも知れないという理由だけで、二つも買ってしまうママはどうかしている。

いつこれに乗ってやるか。
しばらくママをいじってからにしてやろうと思っている。


(=`・ェ・´=)フフン♪

オレへのお祝いはポチッ♪とよろしくニャ。




※何やかんやと好き勝手言うとりますが…(--;
つんく様ファンが多いせいか、味方が多いせいか、たまにブログやらせると調子に乗って困りまする。

次回の登場をお楽しみに♪



 婦人科検診と心療内科
2008年07月29日 (火) | 編集 |

金曜・土曜と病院でした。

金曜は年に一度の婦人科の定期健診。
ついでに子宮ガンと乳ガンの検診もしてもらいました。

こないだから気になっていたこと、主治医に相談してみました。

「あはは(笑)更年期にはまだ少し早いんじゃないか?
生理もきちっとあるみたいやし。
更年期の出始めは、生理が不順になったり飛ぶようになったりするしな」

「ん?夜、寒いことがある?
更年期はホットフラッシュやから、逆に汗が出るぞ?
気にしすぎやないか?(笑)」

「まぁ、あまり症状がひどいようなら軽くする方法はあるけどな。
でもまだ早いし、誰もが通る道やからの。
命にかかわるようなことじゃないから、あまり気にせんようにしとき?」


更年期じゃないとして…。
じゃ何が原因なのかくらいは相談に乗ってくれてもいいじゃん。
他の検査に回してくれるとか、何科にかかればいいかアドバイスくらいくれるとか。

今回はちょっとガッカリでした。
この先生、あっさりしていて話しやすいし、いい先生なんですけどね。
開業医と違って、大学病院ってのはこういうものなんでしょうかね…。
医師の見解の違いはあるでしょうが、YさんブログのM医師の話と違うし。
ネットで調べたら、寒いのも更年期の症状にあったし。

「じゃ私は一体どこが悪いんだよぉぉぉ…」

その件はちょっと置いといて…。
笑い話に終わるか、心配かけるかなので、記事にするかどうか迷ったんですが。

検診の数日前くらいから右の下腹部が時々鈍く痛むんです。
子宮なのか卵巣なのか腸なのか、はっきりとわからないけれど。
エコーで子宮を診てもらった時にその話をしたら、右の卵巣に充血(出血?)らしきものが見えるとかで。
その充血だか出血だかは、たまにあることなのだそうで。
念のため、3ヵ月後に再検査になりました。
急を要するような状態なら、3ヶ月なんて悠長なことはないだろうと、あまり気にしないようにしてますが…。

あちこちガタきすぎやろ…。
ちゃんと調べてくれよぅ(--;
なんて、やや不満なまま検診を終えて帰りました。



そして翌日は心療内科でした。

肝心な時にカウンセラーのモリゾー先生が体調不良でお休み(T-T)
この暑さでバテバテなのかしらん…と、メールしてみようと思いましたが、体調のよくない時にそういうのは逆にご迷惑になるのでやめときました。
カウンセラーが患者に気を遣わせてどーすんだよぉぉぉ(笑)

診察はいつものとおりでした。
ついでに前日の話を主治医のT先生にお話ししてみたら、T先生のほうが丁寧に相談に乗ってくれまして…。
「更年期はですねぇ、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が~」
って、そっちを重点に診察受けてきました(^^;

いずれにしても、ちゃんと検査してみないと何とも言えないんですけれどね。

とりあえず、症状軽減のために漢方薬を処方してもらいました。
それが効いて症状が治まればそれはそれでいいわけですし。
次回の診察(4週間後)までに効果がなければ、専門医にかかることにします。


夏の暑さが苦手で億劫なのもあるし、失恋記念日(苦笑)も近くなって精神的に落ちやすいので、あまりあれこれ考えないように気をつけます。


で。
結局、更年期なのかどうかは謎のままです(^^;


※更年期障害については参考までに。→Click!


 セミの木
2008年07月24日 (木) | 編集 |

こないだまで静かだったと思ってたのに。

セミの声が聞こえはじめて、すっかり夏全開(--;
毎日、朝になるとカラスがやってきてセミを捕食。

セミ「ジッ!ジジジッ!!ジーッ!!(lll゚Д゚)」

カラス「ぎょろろろ!カァーッ!(⌒¬⌒)」


う・る・さ・い!


はかない命と、弱肉強食。
どうでもいい。


お庭に出たら出たで、こんなもの発見。



セミの抜け殻がいっぱいくっついていて、まるで「セミの木」。
気持ち悪っっ!


ああぁぁーーーーっ!
もうもうもう、いつまで続くの、夏っ!!!

うちの庭で繁殖すんなや(--;


 またまたもっこりーず
2008年07月24日 (木) | 編集 |
 
もうこのネタいい?
まぁそう言わずにコレクション見てってちょーだい(笑)

おかげさまで、最近は私を「スヌ・コレクター」ではなく、「もっこりコレクター」だと認識し始めてるお友達が増えました( ̄▽ ̄;
「もう○○もっこり持ってます?」
なんていうメールが届いたりするようになりました。

地元で、旅先でと、いっぱい送っていただいて、すっかりスヌーピーのことは忘れ去ったように見えますが。

スヌ・コレクターですよ?(笑)

いや、もっこりも嬉しいです、はい。


こないだ送ってもらったのは関東~東北エリアのもの。
本来なら、いつものように1人(?)ずつアップの写真を撮って載せたいところなのですが、肩こりがひどくなりそうなので断念しました。



埼玉限定「さつまいももっこり」
埼玉限定「秩父夜祭もっこり」
茨城限定「納豆もっこり」
茨城限定「かえるもっこり」←既に入手済み。




群馬限定「開運だるまもっこり」
群馬限定「温泉もっこり」
群馬限定「茶釜もっこり」




日光限定「三猿もっこり」
栃木限定「いちごもっこり」
栃木限定「ぎょうざもっこり」
栃木限定「佐野ラーメンもっこり」
栃木限定「なすもっこり」




福島限定「桃もっこり」
福島限定「目ヒカリもっこり」
福島限定「ハワイアンモコリン」
福島限定「三春駒もっこり」
福島限定「赤べこもっこり」




新潟限定「かかしもっこり」
新潟限定「おけさ娘モコリン」
新潟限定「こしひかりもっこり」
新潟限定「マイタケもっこり」


Sちゃん、数合ってる?|*'ノo') コッソリ


現在80もっこりーず♪(+ダブり1もっこり)
一体いくつまで増殖するんだろう?
しかも他力本願で(笑)




次回を乞うご期待♪


 頑張った一年間
2008年07月19日 (土) | 編集 |

本日、弟の誕生日です。

何歳になったかは、私の歳がバレるので言えません(笑)
あ、みんな知ってたっけね。


弟にとっては本当に大変な一年間でした。
去年の今日→Click!


ひと段落ついたかと思いきや、倒産した会社の経営者が自殺未遂するわ、行方くらますわで…。
もう本当に弟にとっては災難な一年でした。

加えて父も心労で眠れない日が続いたり、イライラしたり、とにかくしんどい日々が続いていました。


身を削るような思いで危機的状況から抜け出し、最近になってやっと精神的な余裕も出てきた弟。


「お誕生日おめでとう♪

ほらね、出口のないトンネルはなかったでしょ?

また来年までの一日一日を大切にね」



ダメ人間の姉から弟への「おたおめメール」です。



嬉しいです。
本当に嬉しいです。

ブログの記事にはできないことがいっぱいありました。
一時は倒産すら覚悟もしました。

こんなダメな姉がいたら足手まといになる…と落ち込んだ日もありました。
それは今も同じなんですが(^^;


この一年ちょっとの大変な時間は、必ず弟の糧になると思っています。
いい経験になると思っています。
一まわりも二まわりも大きくなってくれることでしょう。

姉の私よりもしっかりした弟ですから。


この調子で頑張ってくれたまえ、弟よ。

姉の分まで(笑)



 本家しろくま
2008年07月19日 (土) | 編集 |

一度は本場の「しろくま」を食べてみたい。

鹿児島の天文館へ行って、あの練乳がいっぱいかかっててフルーツが乗っかったかき氷を口いっぱいに…。
想像しただけで涎が出そうになります。
( ̄¬ ̄*)ジュルルル


なんて思っていたら、なんと!
お中元にいただきました♪



本家・鹿児島天文館「むじゃき」のしろくまです。

※Wikiによると「しろくま」の名前の由来説は二通りあるそうです。→Click!


カップで売ってるかき氷は、氷が荒いので(←私は氷サラサラ派)あまり好きじゃないんですが、しろくまは別です。
数年前はK師匠をはじめ、友人を巻き込んでアイス論議をしたくらいですもの(笑)

何かいろんな種類があるらしいです。



左上から。
白熊・銀時・ソフトデコレーション白熊・ストロベリー白熊・ヨーグルト白熊。
ミルク金時・プリンデコレーション白熊・チョコレート白熊・宇治金時・コーヒー白熊。

この写真のはテイクアウトの分だと思われます。
地方発送の分は「ソフトデコレーション白熊」が「アイスデコレーション白熊」に変わってました。

前に「しろくま」の検索をした時、「くろくま」とか「茶熊」とかを見つけたのですが、それってコーヒー味だったり、そういうのなんでしょうね。


早速、1個いただきました♪

すーーーーーんげぇうまい!!!


でも食べた後、ろれつが回りませんでしたけどね( ̄▽ ̄;
でっかいんだもの…。


これは何が何でも食べたい人向け→Click!

いや食べたいけどそこまでは…な人向け→Click!

↑スーパーやコンビニで市販されているもので私がオススメなのは「セイカの南国白くま」
味の好みは人それぞれですが。
あれこれ食べ比べてみるのも楽しいですよ♪


夏休みに入った甥たちに取られるまいと、こっそり隠したのは言うまでもありません…(笑)


 着られなかった浴衣
2008年07月19日 (土) | 編集 |

昨日は地元の花火大会でした。
今年は行きませんでした。


毎年、義妹と一緒に甥たちを連れて行くのが恒例になっています。
両親が一緒の時も何度かありますが。
今年も和箪笥から浴衣を出してきて、「今年はどれにしようかな♪」と楽しみにしていたんですけどね。

長いお付き合いのある常連さんならご存知なのですが、浴衣大好き人間です。
この時期になると必ず浴衣ネタが登場します(笑)
毎年、買いたい衝動を抑えるのに必死です(^^;

5枚ある浴衣のうち、2枚は年齢的にアウト。
残る3枚をいつ着るか…。
でもチャンスは一度きり。


花火大会に行かなかった理由。
ひとつは、ちょっとへこんでいて乗り気がしなかったこと。
もうひとつは、珍しく弟が行く気になったこと。

弟一家の中にぽつんと私がいるよりも、家族だけで行ったほうがいいのかな…と変に気を遣って、行くのをやめました。
もちろん私が行ったからといって邪魔にされたり浮いたりするようなことはないけれど。
日頃から仕事で忙しい弟が一緒に行くなんてそうそうないので、たまには家族で過ごすのもいいかと思い、今回は見送りました。


夏の間、浴衣を着る機会なんてまだいくらでもあるんです。
着ようと思えば。
花火大会だってまだまだあちこちであるし、夏祭りもあります。
でも誰も行かないんだよね…(--;


せっかく出してきた浴衣。
そのまま来年まで和箪笥の中に眠ることになるのも寂しいので、せめてネットでお披露目(笑)




「さて、しまうか…」と和室へ行ったら…。
つんく様が寝押ししてくれてました( ̄▽ ̄;
たとう紙の上は寝心地いいらしいです。




「まだチャンスあるかも知れないから、しまうな」ってことですかぁ?


誰か…。

私を祭りに連れてってぇ~!


↑去年も同じこと言った気がする…。

 夏が来た
2008年07月17日 (木) | 編集 |

つんく様のことで精神的にバタバタしてる間に、世間はすっかり夏になってしまいました。

あ~~!
暑いの嫌い~~~。
今年もクーラーのきいた部屋に引きこもろうと思ってます。

姪がディズニーランドへ行きたがっているので、夏休みに千葉の叔母宅へ行く計画も出ましたが却下ですっ。
行くなら母か義妹と行って下さい(--;
何が楽しくてコンクリートの照り返しの激しい場所へ行かねばならぬ。
スヌーピーがいるUSJなら暑いの我慢して行くけど(笑)


で。
先週の土日は地元の夏祭りでした。

生まれた時から聞いている笛や太鼓、鐘の音ですから、この時期はわくわくします。



おまぃらどっから沸いて来たんだ?
っていうような地元の兄ちゃんも、ここぞとばかりに張り切ってるんですが…。
「この辺ってまだ若者がいたのね…」と、祭りの時だけは毎年思います(笑)

今年は上の甥が太鼓隊、姪が神輿の先導をする笛隊と、ちょっとオイシイ役をもらいました。
伯母的にはいつかは飾り山の一番上に乗っかってほしいものですが、甥は高所恐怖症。
末甥に期待するしかないようです。




祭りが終わったら本格的な夏到来です。

「あー、いよいよ夏が来るねー」

これ、地元の人たちの合言葉みたいに使われてます。


博多祇園山笠も15日にフィナーレを迎えたし。
おーやだやだ。
もう本格的な夏だよ、夏(--;

夏は私にとって落ちやすい季節です。
てゆうか、ちょっとしたことがあって落ちました。

気分を立て直すのにブログってます。
この調子で上げていかなくてはね。



あぁ…秋が待ち遠しい。


夏は嫌いですっ!



※でもテンプレートは夏仕様(笑)
PCのほうはスッキリと♪
携帯のほうは下部に金魚も♪←今回は猫なし。





 歯が抜けたっ!
2008年07月17日 (木) | 編集 |
 
7月7日。
彦星と織姫が年に一度ちちくり会う(笑)ロマンティックな日。
つんく様の上の歯と下の歯は噛み合わなくなって別れました。

そう、歯が抜けました。

一週間くらい前から、ちょっとした変化に気づいてはいたんですが、まさかいきなり抜けるとは思ってもいませんでした。
ちょっとした変化というのは、食事中や食後のセルフグルーミング(口まわりペロペロ)する時に、歯が当たっているような小さな音。
少し気になっていました。
痛がったり食欲が落ちたり、そういう変化がまったくなかったので、気になりながらも病院へは連れて行きませんでした。

だってね。
ネットや本で調べても「痛がったり、食欲がなくなる」って書いてあったんですもの。
まさかいきなり抜けるとは…( ̄▽ ̄;

つんく様は食事中に奇妙な声を上げて、何か喉に詰まったものを吐くような動作をしました。
吐き出されたものは、何だか白っぽい小さな物体と食べかすと血。

一瞬で「歯が抜けたんだ!」と判断しました。
その物体を手に取り、ティッシュで吐いたものをふき取りました。
確認してみたらやっぱり歯。
それも根元からきれいに抜けてる状態。

飼い主もびっくりだけど、つんく様もびっくりです( ̄▽ ̄;

猫って何であんなにすぐパニックになるんだろう…。
つられて飼い主までパニックの連鎖が始まります。

夕飯の支度をしていた午後6時過ぎ。
伯父の家にいた母を電話で呼び戻しました。
母が帰ってくるのを待つ間に病院に電話。
そして安定剤を1錠、口に放り込みました。


帰ってきた母に夕飯の支度の続きを頼み、つんく様をキャリーに入れようと探しに行ったら…。
ケロッとした顔で床の間のひんやりしたところにくつろいでらっしゃいました。

一瞬パニくっても、意外にタフなのな…(--;

かわすつんく様をキャリーに入れ、千葉の叔母に運転してもらって病院へ連れて行きました。
(午後に叔母が千葉から来た日でした)

前回の騒動の時もそうでしたが、パニックになっていても状況判断だけはできるみたいです、私。
この時も抜けた歯を見て「根元からしっかり抜けているから大丈夫」と。
状況がわかっているので前回ほどはないにしても、心臓は例のごとくバクバク。

抜けたのは前から悪かった左上の奥歯でした。
病院で消毒をしてもらい、抗生剤の注射をしてもらって帰宅しました。

その日はやはり抜けた後が痛いのか、ご飯の催促はするものの食べられないといった感じでした。
翌日の朝も少し食べて「もういらない」状態でした。

蒸し暑い日が続いていたので体力の消耗や脱水症状を起こす前に、とっとと病院に連れて行き、抗生剤を打ってもらいました。


その日からドライフードをやめて、猫缶オンリーの食事になったんですが…。
こういうとこまで飼い主に似て偏食家のつんく様。

「これもう飽きた」
「これ嫌いだからいらない」


「つんく様、別のお食事に変えてみました」
「つんく様、これならばお気に召しますか?」


私、下僕ですからね。
とにかく食べてもらわないと、また点滴に通うことになります。
もったいないと思いつつ、泣く泣くフードを捨てました。


あれから10日。
食べやすいように身を小さくほぐした状態の猫缶は、そのままの状態になりました。
様子を見て、ドライを与えてもいいと先生はおっしゃいましたが、まだ猫缶のままです。

食べた後に何だか気持ち悪そうにしています。
口元をしきりに気にしてる感じです。
以前よりも口周りのペロペロは多いし、たまに奥歯にものがはさまるような仕草をします。
ちょうど歯茎と唇の間にものが挟まったのを取る人間の仕草みたいな感じ(笑)
猫は器用にそこに舌を入れられないので、気持ち悪いんでしょうね…。
歯がないことにまだよく慣れていないみたいな感じです。

猫によっては慣れるのに1ヶ月以上かかる子もいるそうです。

残った右上の歯も遅かれ早かれ、同じ運命をたどることになるわけで。
私はそれが気になって仕方ないわけで。
右上の歯に負担がかかって悪化が早まりはしないかと心配なわけで。
変な音がしないか、ちゃんと食べているか、食事のたびにぢぃ~っと見つめるので、つんく様もうんざりしている模様…( ̄▽ ̄;


災難続きのつんく様。
前回の消化不良に今回。
実はその間にも災難(?)があったんです。


一週間前、甥が閉め忘れた玄関から脱走をしています。
雨降りだったので、近所の悪猫がうろうろしていなかったこと、濡れるのがいやで早めに退散して帰ってきたこと。
脱走していることも気づかず、「あれ?何で濡れてるの?どしたの?」と。
雨が降っていなかったら、濡れてることにも気づかず、玄関が開いてることにも気づかず、また脱走していたに違いありません。
雨のおかげ早めに気づいたのが不幸中の幸いでした。
近所の悪猫にやられたりでもしたら…と考えるとゾッとします。

二度あることは三度ある。
三度目の正直。


消化不良。
脱走。
抜歯。
どっちにしても三度目は終わっちゃったもんねー。

それでもママの不安は続くのであった…。
もうやだぁ…。


あ、記念に抜けた歯を取っておくことにしました(笑)
子猫の頃、永久歯に生え変わった時に抜けた乳歯(犬歯)とともに保管しています。

気分悪くなる人がいると申し訳ないのでボカシ入れておきました(^^;




 今日のたずね人
2008年07月17日 (木) | 編集 |

…あなたはだぁれ?


auのW51Sさん。
docomoのP906iさん。
docomoのP702iさん。


毎日のように来てくれてありがとう。

誰だろう?

お心当たりの方は非公開で構わないのでコメント下さいな♪


そうそう。
PCなんですが…。

怖くて開けません(T▽T)


 ヤバいんです
2008年07月13日 (日) | 編集 |

パソコンが逝きそうです。
いや、逝ったかも…。


さっきパソコンを開いて、返コメしたとこまではよかったけれど。
一旦電源を落として、ブログを更新しようとしたら、何度やっても起動する途中で電源が落ちます。


調子悪かったんですけどね…。

あーぁ。
デジカメに画像もあったし、携帯で長文のブログを更新するのも面倒だぁ。

またご機嫌取って再度チャレンジしてみます。

「よし、やるぞ!」
って気合い入らないと、やる気が出ません。

今日はやる気満々だったのになぁ…。


最悪の場合は、しばらく携帯ブロガーになるしかないのか…。


ぐはっ!!



 身体のこと
2008年07月04日 (金) | 編集 |
 
今のところ、心のほうは順調なペースをずっと維持していますが、実は身体のほうが順調でなくなっています。

病気というわけではなく、「どうも何かおかしい」といった感じで、身体の変化を持て余してるような、ついていけないような…。
体質が変わってきているのを感じます。


もしや…更年期?!


可能性が0と言えなくなってきてる「アラフォー」世代です…。


私、寒いのは平気なんですが暑いのと肌寒いのが苦手なんです。
夏はクーラー病になってもいいから冷房のきいた涼しいとこに引きこもっていたい人です。
真冬の寒さには強いけれど、肌寒いのはダメな人です。

それが今年は何かおかしい。

昼間もクーラーは必要なく、夜になると肌寒くてたまりません。
「あー、暑い」と窓を開けてテレビを見ている母の反対側で、私は遠赤外線の電気ストーブを抱えこんでいます。

「ちょっと!あんた、この暑いのにストーブとか…馬鹿じゃないの?!」
うん、たぶんね…。

だって寒いものは寒いんですもの。
仕方ないじゃないですか。

母が寝るのを待って、私は窓を閉め、ストーブを背中にぬくぬくしています。

そして汗。
夕飯の支度をする時に火を使うので、そんな時は普通に暑いです。
外出しても、晴れの日は普通に暑いです。
当然、汗をかくわけですが…。

額から顔、喉から首にかけて、汗のたまるところがやたらにヒリヒリするし、痒くなります。
一瞬であせもができるんじゃないかと思うくらいに。

こないだ皮膚科に行った時ほど酷くはないけれど、考えてみるとあれも変です。
あれくらいで皮膚科に行くようなことは過去にありませんでした。

頭痛・肩こり・胃痛は20代の頃からなので慣れてはいますが、それもここんとこ頻繁です。

そして、疲れてるわけでもないのに身体が重くてダルい感じ。

加えて匂いに敏感と言うか、むわっと気分が悪くなることがしばし…。

病気というより、ホルモンバランスが乱れてるような感じです。


実は以前、更年期障害というものを(疑似?)体験したことがあります。
子宮筋腫の手術をする2年前のことです。

筋腫を小さくするためのホルモン注射を半年間打っていました。
…保険がきかないので高かったわりに、全然効果なかったんですけどね(--;

筋腫の「餌」でもある女性ホルモンを抑えることで、筋腫を小さくするためのホルモン注射でした。
その副作用に更年期障害と同じような症状が出るんですが…。
私の場合は副作用だけが出て、筋腫はまったく小さくならないまま半年(1サイクル)が過ぎました。
1サイクルで効果がなければ、その先続けても同じなんでやめたんですが…。
その副作用の「更年期症状」がかなりしんどかったんです。

わけもなく汗が吹き出るわ、いつもイライラするわ、霊でもついてるんじゃないかと思うくらいに肩が重いわ、頭痛はひどいわ、訳もなく死にたくなるほど悲しくなるわ…。
とにかく自分の心や身体じゃないくらいしんどかったのを覚えています。

「私が更年期になるとこんな感じなのね…。」
と、疑似体験することになったわけですが。


今の体調はそこまでしんどくはないけれど、何となくあの時に近い気もします。
情緒の乱れはないですけど。

単にホルモンバランスが乱れてるだけとか、体質が変わってきてるとか、その程度ならいいけれど…。
更年期の出始めとかだったらかなりショックかも…。

まだ嫁入り前なのに(T-T)


子宮筋腫の手術をしてからは年に一度、子宮ガンと乳ガンの検診を兼ねて通院しています。

去年の検診の時には「更年期にはまだ早いやろ(笑)」と主治医が笑っていたような記憶があるんですけど…記憶違い?
「月よりの使者」も不順どころか、ほぼきっちりあるんですけど…。

今月末にはまた検診なので主治医に聞いてみようと思っているんですが…。
「あぁ、そりゃ更年期だね」
なんて言われたら…泣くよね。


最近、トキメキがなくて女性ホルモンが足りなくなってきてるとかだったら…。
男あさりせねばなるまい(笑)


いや、笑い話ぢゃない。
ほんとどうにかして…。
この身体…。


もうだめぽ…orz


※ブログ更新があまりできない理由のひとつだったりします。
PC開いてると肩がすごーくこるの…。
ごめーんね。


 心のこと
2008年07月04日 (金) | 編集 |
 
…またサボってました(笑)

PC開くのが面倒なんで、携帯から2本ばかり記事を更新します。
てへ。


先週の土曜日は4週間ぶりの心療内科でした。

このところ心の調子もよく、安定剤もほとんど飲まずに過ごせています。
(つんく様がらみの時以外)。

カウンセリングはほぼ雑談に近いような内容でしたが、ちょっと興味深いお話をお聞きしました。

医学的に証明されてるような内容ではないので、もし検索などでこの記事にたどり着いた方に変な誤解を与えないためにも、詳細は控えますが…。

スピリチュアルちっくなお話でした。
鬱病の患者さんと深夜覚醒と霊感の関係です。
私も深夜→明け方人間なので、とても興味深いお話でした。
私的には「あー、あるかも」だったんですが、人によっては「んなもん、あり得ない」といった内容なので、迷い・悩みの森で余計に迷子になる方のことも考えて、この先は控えることにします。
↑すげぃ思わせぶり(笑)

※興味のある方はメールか非公開コメントでも下さい。


診察のほうも順調でした。
主治医やカウンセラーの「大丈夫」という言葉は、専門家だけに何者にも勝る最強な言葉な気がします。
(私の場合、どちらも恵まれてることを前提に…ですが)。
この一言がどれだけの力になるか…。

「もう安定剤なくても大丈夫ですね」
この言葉は快復にまた一歩近づいた証の言葉です。
とは言え、「ポジティブ・シンキング」という課題は残されたままなのですが(^^;

しんどい時に頓服として飲むくらいにして、入眠剤や睡眠薬を減らし、やめていくこと。
このままうまく行けば、二年目が来る頃には抜け出せるかも知れません。


で・す・が。


鬱病であることをカミングアウトしてしまったことを、少しばかり後悔しています。

「それで距離置きたいやつは置いてくれて結構。
所詮、その程度の付き合いだったと思えばいいだけ。」

この考えは今でも同じです。

ならば変わらぬお付き合いをしてくれている人はどうなるんでしょう?
その人たちから見る私は「鬱病だった人」なんですよね。

身体の病気は治ったら「よかったね」で済むけれど、心の病気はそう簡単には済まない気がします。

病んでいる私に気を遣い、言葉を選んで接してくれていた人たちは、病む前と同じように接してくれるのだろうか?

それは多分、無理。

「こんなこと言うと気にするかも知れない」
「心配かけると悪いから」
そうやって気を遣われるような気がします。

別に相手が病んでようがいまいが、人に対する気遣いは必要なものだと思ってます。
それが人間関係を円滑にする術でもあるわけですから。

でも過剰なまでにそれをやられると…。
しかも第三者にそれを聞かされると、結構堪えるんだわ。
こっちは「気にしないよ」と明るくしてるのに、「いや、気を遣ってるのは向こうだから」と言われると、正直痛いです。

自分の知らないところで気を遣われてたことを知らされることが…です。

「普通どおりに接して」
そうは言っても、一度「メンヘラ」のレッテルを貼られると、もう「普通どおり」なんて無理なのかも知れないと思います。


結局、病院と縁が切れても「メンヘラだった」という過去はついてまわるんだろなぁ…。

それを断ち切るには、病んでいたことを知らない人と接するしかないわけで。
誰も私のことを知らない土地で暮らすなんて馬鹿げた話だし、まず無理な話です。
カミングアウトしてしまった以上、周りに病んでいたことを忘れてもらうのも無理。

病んだことは私にとって後に「いい経験」にはなるけれど、周りにしてみれば……?!
そんなこと考えてる時点で、まだメンヘラってことなんでしょうかね…(笑)

あぁぁぁ!わからぬ!



※鬱に関する記事は、カテゴリー「心・気持ち・身体」にまとめてあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。